Uipath Marketplace

はじめてのオートメーションをわずか数分で作成できます。Studio Web を試す

kintoneConnector Activities

kintoneConnector Activities

作成者: 株式会社クレスコ

StarStarStarStarStarStarStarStarStarStar

0

アクティビティ

ダウンロード数

35

[戻る] ボタン
[戻る] ボタン
carouselImage0
[次へ] ボタン
[次へ] ボタン

要約

要約

UiPathからkintoneに対してデータ取得やデータ更新を行うことができる連携アクティビティです。

概要

概要

サイボウズ株式会社が提供する業務改善プラットフォーム「kintone」をUiPathから操作するための連携アクティビティです。

本アクティビティの特徴は3つあります。

①kintone APIを利用した安定した連携が可能

本アクティビティでは、kintone上のアプリやレコードに対して画面操作ではなくkintone API経由でデータの取得や更新を行います。そのためkintoneアプリでのレイアウト変更などの影響を受けづらく、より安定した連携を行うことができます。

②プログラミング知識が少ない方でも扱いやすいように設計

通常API経由で連携を行う場合、WEB APIやJSONなどプログラミング知識が必要となりますが、本アクティビティではUiPathアクティビティのプロパティに必要な情報を入力するだけでkintoneとのデータ連携が可能です。

③kintoneのレコードステータス変更検知が可能

指定したkintoneアプリのステータスを監視し、変更を検出したら所定のフローを実行する変更検知アクティビティを提供します。

UiPathをバックグラウンドプロセスで常駐監視させておき、ロボットの出番(あらかじめ設定したステータス)になれば、ロボットが自動的に処理してくれるワークフローを構築できます。

※プロセス管理を有効にしたkintoneアプリで利用可能です。

提供アクティビティ以下の8つとなります。

1.kintoneを使用

kintone環境への接続・認証を行う

2.レコード一覧を取得する

指定したアプリのレコード一覧を取得する

3.レコードを取得する

指定したレコードを取得する

4.レコードのコメント一覧を取得する

レコードのコメント一覧を取得する

5.レコードのステータスを取得する

「レコードを取得する」または「レコード一覧を取得する」で取得したレコードのステータスを取得する

6.レコードのフィールド値を取得する

「レコードを取得する」または「レコード一覧を取得する」で取得したレコードに対して、指定したフィールドの値を取得する

7.レコードの作業者を取得する

「レコードを取得する」または「レコード一覧を取得する」で取得したレコードの作業者を取得する。

8.レコードのステータスをチェックする

レコードのステータスを監視し、指定したステータスを検知するとイベントを発生させる

機能

機能

本パッケージではkintoneからのデータ取得に限定した8つのアクティビティを提供します。

kintoneに対してデータ更新を行うアクティビティは別途有償で提供します。詳細の案内をご希望される方は弊社までお問い合わせください。

https://www.cresco.co.jp/contact/

その他の情報

その他の情報

依存関係

特にありません

コード言語

Visual Basic

ランタイム

Windows (.NET 5.0 以上)

公開者

株式会社クレスコ

公開者ページを表示

信頼できるソース

ライセンス契約とプライバシー条項

MIT

プライバシー条項

技術情報

バージョン

1.0.12

更新日

May 12, 2023

対応製品

Studio: 21.10 - 22.10+

認定

シルバー 認定済み

サポート

UiPath コミュニティ サポート

リソース

類似のコンポーネント