MarketplaceListingsSolutionフォルダ監視/キュー登録スクリプト

フォルダ監視/キュー登録スクリプト

Bronze Certified

Solution

0 reviews

58

フォルダ監視/キュー登録スクリプト

Bronze Certified

Solution

0 reviews

58


Summary

特定のフォルダを監視し、フォルダが配置されたらOrchestrator API経由でファイル情報をOrchestrator キューに登録するPowershell Scriptです。

Overview

パラメーター
  • uriOrch: OrchestratorのURL
  • tenantName: OrchestratorのtenantName。規定値は"default"。(オンプレミス のみ)
  • userName: Orchestratorのuser name。Add Queueのユーザー権限が必要。(オンプレミス のみ)
  • userPasswd: PARAMETER userNameで設定したユーザーのパスワード。(オンプレミス のみ)
  • userKey: OrchestratorのUser key。(クラウドのみ)
  • accountLogicalName: OrchestratorのAccount Logical Name。(クラウドのみ)
  • tenantLogicalName: OrchestratorのTenant Logical Name。(クラウドのみ)
  • clientId: OrchestratorのClient ID。(クラウドのみ)
  • delay: ファイルが見つかってから移動するまでの待機時間(秒)。
  • interval: フォルダ監視間隔(秒)。
  • sourceFolder: Orchestratorキュー登録をしたいファイルが格納されているフォルダの、親フォルダパス。
  • fileType: 監視するファイルタイプ。既定値は *.pdf
  • destinationFolder: Orchestratorキュー登録が成功したファイルを格納するフォルダのパス。
  • errorFolder: Orchestratorキュー登録が失敗したファイルを格納するフォルダのパス。
実行例 .\MonitoringFolder_AddQueue -userName "-admin" -userPasswd "password" -sourceFolder"C:\Robot"

Benefits


Published: 25 May 2020 | Updated: 29 Oct 2020


License

By clicking download you agree to the following license.


Code Language

Visual Basic


Runtime

.NET Framework


Tags


Compatibility

PowerShell 3.0 以降


Dependencies

UiPath Orchestrator v2018.4 以降



Similar Listings