Uipath Marketplace
MarketplaceListingsConnectorSPA連携コネクター

Create your first automation in just a few minutes.Try Studio Web

SPA連携コネクター

SPA連携コネクター

by ウイングアーク1st株式会社

1

Connector

Downloads

68

back button
back button
carouselImage0
next button
next button

Summary

Summary

ウイングアーク1st株式会社 の SPA を使用した手書文書の自動データ化処理や文書ライフサイクル管理を UiPathで自動化できる連携コネクターです。

Overview

Overview

SPAとは、AI OCRと文書文書管理がオールインワンで提供される最先端のドキュメント管理ソリューションです。 本製品では以下3つの大きな特徴を持っています。

➀用途に合わせて選べる4つのAI OCRエンジン

SPAは読み取る文書に合わせて4つのAI OCRエンジンの中から最適なものを選択することができます。 そのため従量課金の総コストを抑えながらAI OCRを利用することが可能です。

また複数のOCRを同時に処理するデータコンペア機能が実装されており、目視・確認作業の効率が格段に向上します。

更にSPAの統計データを可視化することで識字率・作業時間などを把握することができます。

➁文書管理と記録管理による内部統制・セキュリティ担保・電子帳簿保存法対応

⽂書の保管から記録管理に伴う煩雑な作業を⾃動化します。管理コストを削減すると共に内部統制の質を⾼めることができます。タイムスタンプ機能も内包しているので、電子帳簿保存法対応にも対応可能です。

➂企業間の連携を高める文書データ流通

フェデレーション機能(共有アカウント)を設定することで、⽂書プレビューや⽂書検索など、SPA間での⽂書共有が可能になります。

Features

Features

SPAのAI-OCRの利用と文書管理に必要な以下の処理をワークフローとして提供しております。 SPA の WebAPI を UiPath.Web.Activities.HttpClient(HTTP要求)アクティビティで呼び出すことによってUiPAthからSPAへの連携開発の効率を向上します。また、UiPath から SPA の WebAPI を呼び出す際の参考ともなります。 ・SPA_Login: SPAへログインします。 ・SPA_File_Archive: SPAへ文書ファイルをアップロードします。 ・SPA_OCR_Download: SPAから識字結果を CSV ファイルとしてダウンロードします。 ・SPA_Doc_Search: SPA上の文書を検索します。 ・SPA_File_Download: SPAから文書ファイルをダウンロードします。 ・SPA_Logout: SPAからログアウトします。 ・SPA_Error_Hantei:レスポンスヘッダーからSPAエラーコード(X-Spa-Error-Code)を抽出します。 ・Sample_FileArchive:SPAへのログインからファイルのアーカイブ、SPAからのログアウトを実行します。 ・Sample_OCRDownload:SPAへのログインからSPA上のファイルを指定して、OCRしたデータのダウンロード、SPAからのログアウトを実行します。サンプルとしてCSVデータ作成情報を記載したJSONファイル(ocr.json)も提供しています。 ・Sample_DocSearch_FileDownload:SPAへのログインからキーワードでSPA上のファイルを検索し、検索にヒットしたファイルのダウンロード、SPAからのログアウトを実行します。サンプルとしてフリーワード検索用のJSONファイル(doc_search.json)も提供しています。

Additional Information

Additional Information

Dependencies

・本コネクターの利用には、ウイングアーク1st株式会社の提供するSPA、または SPACloudサービスの契約が別途必要となります。 ・SPAに関するご質問や、各プロパティで使用されるデータ詳細 (エンドポイントなど) に関しては、ウイングアーク1st株式会社へお問合せください。 ・本コネクターを使用する際には UiPath Studio より UiPath.Web.Activities[v1.6.0] をインストールしてください。 ・本コネクターのワークフロー内部エラーはすべて外部 (ワークフローの Try&Catch) で処理してください。

Publisher

ウイングアーク1st株式会社

Visit publisher's page

Trusted Source

License & Privacy

MIT

Privacy Terms

Technical

Version

1.0

Updated

Feb 28, 2021

Works with

Studio: 20.10 - 22.10

Certification

Silver Certified

Tags

Application

Support

UiPath Community Support

Resources

Similar Listings